海外フェス動画でサマソニ予習は完璧!サマソニ必聴10組をピックアップ!

2015-08-10

いよいよ、今週に開催が迫ったSUMMER SONIC(以下、サマソニ)。フジロック同様、日本にいながら世界中のアーティストが集結するというわけで、Festival Junkie的今年のオススメアーティストをピックアップしてみました。海外フェスの動画が公開されているアーティストがやや少ないので、少し偏った選定にはなっていますが、メジャーなアーティストはもちろん、ニューカマーも含め、今年のサマソニも激アツなので、海外フェス動画でテンションを上げて今週末に備えてください!

サマソニ必聴10組 by Festival Junkie

①Circa Waves – T-Shirt Weather (Radio 1’s Big Weekend 2015)

昨年もサマソニに出演したCirca Wavesがさらに進化してカムバック。今年はデビューアルバムのヒットに加え、6月に出演した<グラストンベリー>でもNME読者が選ぶベストアクトに選出されるなど、その勢いと実力は説明不要。今年のフェスシーズンを象徴する涼しげで軽やかなロックンロールをどうぞ。
 

②Pharrell Williams – Freedom(Roskilde Festival 2015)


やっと来日してくれるファレル・ウィリアムズ。「Happy」で踊るのもいいけれど、デンマークの<ロスキルド>の様子を見ても分かるように、彼の楽曲で今年イチバン盛り上がるのは「Freedom」。またお洒落な衣装やショー全体の演出を楽しめるのもファレルの魅力なので、存分にファレルワールドをお楽しみあれ。
 

③Wolf Alice – Moaning Lisa Smile (Glastonbury 2014)


2014年のUKフェスティバルアワードにて「Best Breakthrough Artist 」を獲得し、2014年のフェスといえば「Wolf Alice」だったが、その勢いは今年も健在。2年連続で出演した<グラストンベリー>でも圧巻のステージを披露した。確実に押さえておきたい紅一点の4ピースバンド。
 

④Macklemore & Ryan Lewis – Can’t Hold Us(Reading 2014)

昨年のグラミー賞で4部門を受賞したヒップホップ・デュオがサマソニに登場。昨年の<レディング>でも、トリのblink182前に登場し、ロックファンの度肝を抜くパフォーマンスを披露した。
 

⑤Ariana Grande – ‘Problem’ (Summertime Ball 2015)


マックルモア&ライアン・ルイスの後に、アリアナちゃんなあたりがさすがサマソニ!懐が深い!説明不要の天才歌姫のパフォーマンス(とMC)にも超期待。

 

⑥Kodaline – Ready(Isle of Wight Festival 2015)

日本ではテラスハウスに楽曲が使用されたことでも話題になったアイルランド出身の正統派ロックバンド。海外フェスには引っぱりだこの彼らなので、そのパフォーマンスは、2012年デビューとは思えない貫禄がある。今年の<ワイト島フェス>もその貫禄を見せつけたフェスのひとつ。

 

⑦Imagine Dragons – Radioactive(Isle of Wight Festival 2013)


この1曲で世界を制したイマジン・ドラゴンが、和太鼓を使ったパフォーマンスなど、親日家としても知られているので、2度目のサマソニでどんな演出でオーディエンスを楽しませてくれるのか期待したいところ。

 

⑧Slaves – Surprise Set (Glastonbury 2015)

現在英国で人気急上昇中のパンク・デュオ、スレイヴス。今年のグラストンベリーでもサプライズでアクトを行い、好評価を得るなどじわじわと中毒者を増やしているのが、このスレイヴス。ぜひサマソニで青田買い!

 

⑨Palma Violets – Best of Friends (Reading Festival 2013)


今年もフェスにライブに大忙しのパーマ・ヴァイオレッツ。UKを代表するバンドに成長した彼らがサマソニにカムバック!大人の色気をまとった4人は今こそ旬。「Best of Friends」での合唱は予習というよりも、もはや必修課題!

 

⑩Zedd – Live (Ultra Music Festival 2014)


今年の目玉のひとつは何とってもZeddの登場!説明不要、問答無用、とにかく歌って、踊って、騒いじゃえ!

おまけ①ソニックマニアでProdigy!

The Prodigy – Wild Frontier (Future Music Festival Australia 2015)


 

おまけ②ホステス・クラブ・オールナイターでFFS !

FFS – So Desu Ne (Glastonbury 2015)

★まとめて予習する際はこちらから!