ロンドンから日帰りも可能!英レディングフェスの行き方まとめ(写真付き)

2015-08-29

現在開催中のレディングフェスティバル。直前になるとたくさんの方から「ロンドンから日帰りで行けるの?」という質問を頂くので、実際に参加したときの編集長のTwiiterでのつぶやきをまとめてみました。
 
「電車で日帰りでききるの?」という質問に対する答えはYES!ヘッドライナー終わりの渋滞に巻き込まれなければ、通常の終電も余裕ですが、金土は少し早めに会場出た方が安心。日曜日は2014年はオールナイトで電車が走っていました。とはいえ、毎年電車の運行状況は変わる(イギリスあるある)ので、終電でのロンドン戻りを狙っている方は、当日駅員に終電を確認するのがいいと思います。
 

ロンドン市内からはパディントン発を利用

パディントンから乗り換えなしでレディング駅到着

終電を逃して4万払った知人も…

人の流れに乗って街中を15分くらいを歩く

シャトルバスもあり

迷わず到着できます

会場内の様子&Tipsも少しご紹介

キッズ向けだからリストバンドがださい!?

レディングのテントサイトの汚さは他と比べても異常

よく見る光景

地図が配られないので看板を写メ

日本みたいに無料でタイムテーブルは配られません

タイムテーブルは事前にHPやアプリで写真を撮っておくのがベター

レディングの魅力は物販の充実具合

 

***

他の海外フェスに比べると、日本人が多いのがレディングフェス。もちろん会場ではテントも張れるので、キャンプ泊もアリですが、都心型フェスのメリットを活かしてロンドンまで戻ったり、近隣のホテルへの宿泊も検討したいところですね。(開催中は近隣のホテルの値段が高騰&満室ということも多いので早めのチェックがオススメ)

 

★ラインナップ、地図、ムービー、会場でのスナップなどがまとまったFestival Junkie特設「Reading Festival」ページは以下のリンクから
http://www.festival-junkie.jp/reading_festival

 

text: Festival Junkie(ST)

Tag :

RELATED