★抜群のロケーションで行われる上質な英国フェス「Festival No.6」

2014-05-23

11998935_691690387628206_3514841611787191603_n
今回ご紹介するのは、9月上旬にイギリスの北ウェールズにあるPortmeirion (ポートメリオン)で開催されるフェス「Festival No.6」(フェスティバル ナンバーシックス)。チケットの取り方から行き方、会場の雰囲気にいたるまでをレポートします。

Festival No.6とは?


2012年に初めて開催され今年で4回目となる、まだメジャーでない小規模のフェスティバル。イタリア風のカラフルな建物が並び、中世の香りが漂う北ウェールズの美しい村、ポートメリオンで行われる。まるでファンタジーのような世界観で、小さな妖精でも現れそうな美しいロケーション。ラインナップはインディー中心。ロック、フォーク、テクノ、ハウス、ダンスミュージックまでと幅の広い。またティピー(インディアンテントとも呼ばれる円錐型のテント)などの宿泊施設があったり、アートやシアターなど娯楽があったりと、ユニークなアクティビティが充実していることも特徴。 そして数々のアワードを受賞しており、Festival Junkieチームも注目しているフェスティバルのひとつ。

過去のヘッドライナー

2015:Metronomy, Belle&Sebastian, Grace Jones, James
2014:Beck, Pet Shop Boys, Temples
2013:James Blake, My Bloody Valentine, Manic Street Preachers

2016年開催情報

日程:9月上旬(2016年:9月1〜4日)
会場:Portmeirion (ポートメリオン), Gwynedd(グウィネズ),Wales(ウェールズ)
公式HP:http://festivalnumber6.com/
2016年の主な出演者: 未発表

事前準備(チケット、宿泊、交通機関)

チケット購入

<チケット購入・受け取り方法>

  • 公式HPにてチケットを購入。
    ★日本への国際郵便も可能。費用は£10.95(約2,000円)

 

<チケット購入方法詳細>
【STEP1】チケットの種類を選択
unnamed

 

【STEP2】配達方法/プログラム/PARK AND RIDE(駐車場から会場行きのバスチケット)/チケット保険の有無を選択。日本からの購入は「Royal Mail International Delivery 」を選択。
unnamed

 

【STEP3】個人情報入力

 

【STEP4】クレジットカード情報を入力し購入完了

 

<チケットの種類・価格>

  • ADULT WEEKEND CAMPING £185(約34,000円)
  • ADULT WEEKEND NO CAMPING £175(約32,000円)
  • YOUTH WEEKEND CAMPING (age11-15) £120(約22,000円)
  • YOUTH WEEKEND NO CAMPING £110(約20,000円)
  • PARK AND RIDE £22(約4,000円)

駐車場から会場行きのシャトルバス。会場内に駐車場なし。

  • CHILD WEEKEND

10歳以下は無料だがチケットは必ず必要。

※上記のチケット価格は木曜日入場のもの。金曜日入場もあり。

宿泊予約

  • ポートメリオンという村で行われ、村の近辺には宿泊施設はない。なのでキャンプサイトか会場内の宿泊施設、どちらかの選択になる。
  • 会場内にホテルや、ティピー(インディアンテントとも呼ばれる円錐型のテント)などの宿泊施設がある。公式HPから予約可能。人気なので早めの準備がベター。

会場アクセス(行き方)

IMG_1638

航空券予約

日本からイギリスの航空券は、購入・渡航時期によっても異なるが、往復で16万〜30万円程度。旅行代理店や各航空会社のHPから予約・購入が可能。

電車チケット予約

イギリス国内の電車は事前に日時を指定することで価格が安くなる。Railcard(レイルカード)という割引カードを購入すれば、さらに費用を抑えられる。詳細は電車でフェスに行こう!を参照。

 

<ロンドン中心部から北ウェールズ>

  • ロンドン市内の地下鉄利用しLondon Euston駅まで行く。London Euston駅からBangor駅まで電車1本で約3時間。直前になると、時間帯によっては満席になるので早めの予約がベター。

 

<Bangor駅から会場>

  • Bangor 駅から会場行きのシャトルバス£20(約3,700円)が運行されている。チケットの事前予約可能。
  • バスチケットを当日購入する場合は、駅前に設置されているBoxOfficeにて。
  • バスは混雑する時間帯があるので要注意。
  • タクシーあり。会場までおよそ£55(約10,000円)

入場・リストバンド引き換え

  • BoxOfficeにてチケットと身分証明書を提示し、リストバンドと引き換え。
  • キャンプサイトに入る際のみ荷物チェックあり。

Festival No.6の雰囲気

IMG_1620

客層

  • 若者もいるが、年齢層はやや高め。
  • 中年夫婦や家族連れが多く見かけられ、落ち着いた参加者が多い。

気温・天候

  • 最高気温は18℃前後、最低気温は10℃前後。
  • 悪天候の場合や夜間はかなり冷え込むので雨・寒さ対策が必要。(テント泊の方は特に)

食事・物販

  • 屋台、BARの種類が豊富。
  • 室内でくつろげるカフェテリアやレストランあり。
  • シャンパンやワインなどアルコールの種類が豊富。ボトル販売もあり。
  • Festival No.6公式グッズの種類は多いが、各アーティストのグッズは無し。

携帯・wifi

  • 持参の携帯のネットは、ほぼ繋がらない。
  • 会場の中心エリア(The Portmeirion Village)にてWifiが提供されている。
  • スタッフに尋ねるとWifiのパスワードが手に入る。
  • 携帯充電コーナーはあるが、割高なのでバッテリーを持参した方がベター。

ゴミ

  • 他のフェスに比べて比較的に綺麗。

トイレ

  • トイレは著しく汚れてはいない。
  • トイレの数は豊富なので、あまり混雑しない。

参加者の声

参加したフェスの魅力

英国テレビドラマ「プリズナーNO.6」のロケ地
会場であるポートメリオンの一部は、1967年にイギリスで放送された連続テレビドラマ「プリズナーNo.6」(原題:The Prisoner)の舞台となっています。日中にはパレードが行われたり、フェス公式グッズも映画のキャラクタ−である、囚人をモチーフとしたデザインのTシャツなど販売されていたり。

11999065_691685230962055_3451785871422524417_n

 

抜群のロケーション
このフェスの最大の魅力は、カラフルで美しい村、ポートメリオンがというロケーション。古き良き雰囲気の建物がありつつも、パステルカラーの建物が並び可愛らしい空間。会場は海沿いに並んでいるので、カヤック等のアクティビティも楽しめます。朝は海とサンセットを眺めながら、ヨガでリフレッシュ出来たりと贅沢な時間も。
IMG_1625

 

 

アートカルチャーの充実
フェスの中心に幅広ジャンルの音楽がありながらも、アートカルチャーのアクティビティが充実していました。映画やパレード、カーニバル、合唱団による演奏など見逃せないものばかり。フェス大国であるイギリス人が磨きかけたセンスと、ユニークさが形になったフェスだと感じました。
IMG_1616

 

 

アルコール・フード類の充実
他のフェスに比べて、アッパークラスの観客をターゲットにしているのか、アルコールやフードの種類が豊富でした。普段フェスでは聞かないようなシャンパンの栓を開ける音が、お昼のレストランから聞こえてきたり、ワイングラスを持つ人をよく見かけたりと、穏やかなムードが流れていました。また野外フェスながらも村の中には、室内でくつろげるカフェテリアや、レストランが隣接しているところも魅力のひとつです。IMG_1626

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

  • 会場行きのシャトルバスを長時間(2時間半)待ちました。混雑する時間帯を避けることお勧めします。
  • とにかく夜は冷え込むので、防寒具の準備が大切だと感じました。テント泊する方は普段のフェスより、多めにブランケット等を持参することをお勧めします。

 

photo gallery

11896122_691715674292344_1832837704217699572_n

12011321_691696644294247_4941541287400452143_n

11059959_691717230958855_7910394386103020773_n

11996904_691715177625727_4451120651679522502_n

11988471_691684117628833_4421431367577038410_n

11988610_691696960960882_3926838826601822157_n

***

数々のアワードを取りまくっている「Festival No.6」。今年もまた「BEST SMALLE FESTIVAL」を受賞しています。観客の質の高さを求める方や、大型フェスの観客の多さに疲れを感じている方は、小規模なフェスにも視野を入れてみてはいかがでしょうか?

※記事内のポンド-円換算は、£1を180円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをお勧めします。

text&photo by Kanako Tsujita

edit by Festivial Junkie(st)