唯一無二の一体感を堪能できるデンマークの老舗フェス Roskilde Festival

2016-04-23

RSKLD今回ご紹介するのは、6月末から7月に渡って開催されるRoskilde Festival(ロスキレ・フェスティバル)。チケットの取り方から行き方、会場の雰囲気にいたるまでを2015年に参加したFestival Junkieスタッフがレポートします。

Roskilde Festivalとは?

1971年からデンマークで開催される老舗フェスのひとつ。北ヨーロッパでは最大級の規模を誇り、豪華なアーティストが毎年ラインナップされる。NPO法人が運営を行っており、多くのボランティアが運営に協力しているのも特徴。

過去の主な出演者

2015: Disclosure, Florence + The Machines, Mew, Muse, Pharrell Williams
2014: The Rolling Stones, Damon Albarn, Arctic Monkeys, Drake
2013: Kraftwerk, The National, Queens Of The Stone Age, Rihanna, Sigur Rós, Slipknot, Volbeat

2016年開催情報

日程: 2016年6月29日~7月2日
※フェス全体の開催期間は、6月25日~7月3日

 
会場: Roskilde, Denmark
公式HP: http://www.roskilde-festival.dk/

2016年の主なラインナップ

Red Hot Chili Peppers, LCD Soundsystem, Damon Albarn, New Order, The Last Shadow Puppets, Macklemore & Ryan Lewis, Neil Young and Promise OF The Real, At The Drive In, Tame Impala, Biffy Clyro, Faols, James Blake, M83, Chvrches, Grimes, Savages, Slayer, Miike Snowなど。

事前準備(チケット、宿泊、交通機関)

roskileticjet

チケット購入

<チケットの購入・受け取り方法>

    • 公式HPからチケットを購入できる。
    • クレジット決済。
    • eチケットを印刷し会場でリストバンドと引き換え。

<チケットの種類・価格>

    • Full Festival Ticket: 2,020kr(約36,000円)
    • 開催期間8日間のチケット/キャンプサイト利用権付き。

    • One-Day Ticket: 1,020kr(約18,000円)
    • 6月27日(水)〜7月2日(土)の各日のチケット。

    • Special Camping
    • テントを事前に準備してくれる、場所を事前に予約できるサービスなどがある。数に限りがあり、人気のサービスのため早めの予約が必須。

    • Entrance Booking 同時購入: 5kr(約90円)/追加購入: 40kr(約720円)
    • キャンプサイトへの優先入場券。ステージに近い場所など人気の場所を確保したい場合は購入すると良い。

宿泊予約

キャンプサイト or ホテルでの宿泊。会場からコペンハーゲン市内へは30〜50分の距離。
 
Booking.comなどの宿泊予約サイトを利用して予約すると便利。Airbnbなどを利用すると費用を抑えられる。
 
Booking.com/Airbnb はこちらから。

航空券予約

日本からコペンハーゲン空港までは、直航便で12万円前後、乗り換えがある便では7万円前後。
 
航空券価格比較サイトスカイスキャナーなどを利用すると、かんたんに比較できるので便利。
 
スカイスキャナーはこちらから。

会場アクセス(行き方)

チケット交換RSKLD

Photo: 会場入り口

コペンハーゲン空港から会場

    • コペンハーゲン空港から電車でKøbenhavns Hovedbanegård(コペンハーゲン中央)駅へ。(約15分)
    • Københavns HovedbanegårdからRoskilde(ロスキレ)駅へ。(約20分)
    • Roskilde駅から会場まで徒歩で移動。(約20分)
    •  
      Roskilde駅から会場まではシャトルバス、電車も20kr(約360円)で利用可能。
      電車は午前9時から深夜0時頃まで走っている。日帰りの場合は電車の運行時間を要確認。

入場・リストバンド引き換え

    • 会場入口で事前に印刷したeチケットを提示しリストバンドと交換。
    • あまり並ばず、身分証の提示も求められず。(2015年の場合)

Roskilde Festivalの雰囲気

客層

    • 約8割は若者のグループ。
    • ラインナップにもよるが家族連れは少ない。

気温・天候

    • 気温は、17〜21℃程度。
    • 晴れていて乾燥している。日差しが強い。
    • 風が強く、砂埃に注意。

食事・物販

    • ハンバーガーなどのファストフード中心。
    • 公式グッズの物販が5カ所。
    • うち1カ所でアーティストグッズ取扱いあり。
    • ラインナップが書かれたTシャツは無し。

携帯・Wi-Fi

    • 携帯の電波に問題なし。
    • デポジットを払いモバイルバッテリーの利用できる。
    • Wi-fiは会場内数カ所で利用可、電波状態は良くない。(2015年時点)

トイレ事情

    • 男子トイレと男女共用トイレがある。
    • トイレットペーパーの設置あり。

会場の清潔度

    • 食べ残しなどが放置されていて汚い。
    • トイレ以外で用を足しているなどマナーが悪い。

キャンプサイトの環境

シャワー列RSKLD

Photo: シャワー待ちの列

    • 食べ残し、飲み残しが放置され不衛生。
    • シャワー 水: 無料 / お湯: 25kr(約450円)
    • お湯のシャワーは時間帯によって並ぶ。
    • キャンプサイトから会場までは5〜15分。
    • 夜でも音楽が流れていて騒がしい。
    • Silent & Clean(比較的静かで清潔)エリアも設けられている。

参加者の声(by Kazuma Goto)

参加したフェスの魅力

「豪華なラインナップと一体感」

ラインナップの豪華さとオーディエンスの一体感は他のフェスと比べて頭一つ抜けていると思います。皆でシンガロングした時の声の大きさなどは凄まじく、観客の盛り上がりに感動するアーティストも多いです。毎晩ハズレのないラインナップでミラクルが起きる瞬間を見たい人は1度訪れてみていいと思います。

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

「清潔度・治安に注意」

キャンプエリアの汚さと音。ゴミのポイ捨てが当然で一面ゴミだらけです。若者グループが爆音で音楽を流しているので夜なかなか寝れないかもしれません。スリなども多いようなので参加する際は最大限に気をつけてください。

日本のフェスとの違い

「待ち時間の少ない効率的運営」

ステージ数は6つとフジロックやサマソニと変わらないですが、若手バンドでも1時間ちょっとの時間を与えられ、その分ステージ転換の時間が短めにしてあるため無駄な時間が少ないのは日本のフェスと違って良いところでした。ゴミのポイ捨てやトイレなどについては断然日本が良いです。

最後に一言

ラインナップが発表されてからでもチケット購入は遅くないので、ラインナップを見て良いな!と思ったら是非行ってみてください!(2015年の場合は最後にポールマッカートニーが発表されて、数日後にその日の1日券が売り切れましたが。)

ゴミやキャンプサイトの環境・治安の悪さはありますが、それをも上回る「感動」がそこにはあります。是非一度は大好きなアーティストを大合唱の中で見てみてください!

 
 

***

何と言っても、Roskilde Festival(ロスキレ・フェスティバル)でしか味わうことのできない一体感が魅力。航空券の価格が比較的安い季節に開催されるため、費用を抑えつつ海外フェスを楽しみたい人にとっても魅力的なフェスではないでしょうか?

 

※記事内のデンマーククローネ(kr)-円換算は、1krを18円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをお勧めします。

 

取材協力:Kazuma Goto

編集:Ryosuke Suzuki