【レポート】 HOLIカラーフェスがヨーロッパで大人気!

2014-09-24

 

単身ロンドンに移住し、今年の夏だけでヨーロッパ各地の30を超す音楽フェスに参加した筆者だが、その中でも強烈な印象を残してくれたのが「HOLI FESTIVAL OF COLOURS」だ。動画を観て頂ければ分かると思うが、このフェスはカラーパウダーを全身に塗ったり、まき散らしたりしながら野外で音楽を楽しむというちょっと変わった音楽フェスだ。

 

HOLI_ONE_FES_1

 

そもそも「HOLI」というものはカラーパウダーや色の着いた水をかけあって、春の訪れを祝うというヒンドゥー教の祝祭である。それを発展させた形でこのフェスは行われており、今年はヨーロッパだけでも20を超す「HOLI FESTIVAL OF COLOURS」が開かれ、ロンドンでは6月に2Days、8月にも1dayが開催された。実際にそのうちの1日程に参加してきたわけだが、とにかく圧倒的に「目で楽しめるフェス」というのが率直な感想だ。「音楽を楽しみに来ている」というよりは、「仲間とはしゃぎにきている」という印象が強く、音楽なんてそっちのけでカラーまみれになること、そして周囲をカラーまみれにすることに全員が必死になっている。筆者も白いTシャツ(暗黙のマナー)を着ていったが、入場3分ほどで見知らぬ外国人からの洗礼を浴び、全身カラーまみれに。というわけで、ヨーロッパで絶大な人気を誇る「HOLI FESTIVAL OF COLOURS」で本気で遊ぶ観客の一部を紹介したい。

 

HOLI_ONE_FES_2

HOLI_ONE_FES_3

HOLI_ONE_FES_4

HOLI_ONE_FES_5

HOLI_ONE_FES_6

「HOLI FESTIVAL OF COLOURS」はヨーロッパだけでなく、世界中で開催されている大規模なフェスで、もしかしたら今後日本上陸なんてこともあり得るかも。どうしても我慢できない方は、今年度は、オーストラリア・メルボルン(11月)、チリ・サンンディアゴ(11月)、メキシコ(日程未定)、アブダビ(日程未定)での開催が決まっているので、是非参加を検討してみてはいかがだろうか。

 

http://holifestival.com/

 

<補足>HOLI FESを楽しむコツ

  1. 全身を白系ファッションで固めていく
    • 汚れにいくようなものなので、より目立つように白い衣服が好ましい
    • パウダーなので、洗えば落ちるが、大事な服や靴は控えた方がベター
  2. サングラス、マスク、ウェットティッシュはあれば便利
    • もちろんなくても楽しめるが、あるとかなり快適
  3. ご飯は済ましてから行く
    • 健康には問題ないらしいが、ガンガンパウダーが食事に入る
  4. 宿は近場を押さえる
    • 帰りにこの格好で長時間移動すると怪しいので、近場で寝床を押さえて早くシャワーを浴びていい気分で眠りにつくのが吉

 

IROYA MAGIZINEより執筆記事を転載

Tag : ,