苗場にいながらグラストンベリー気分を味わっちゃう? #fujirock

2014-07-23

Glastonbury3_0

 

 

日本全国のフジロッカーの皆さま、もうそろそろで「あけましておめでとうございます」ですね。10代の頃から参加し始めた<フジロック>に初めて参加できないという悲しい状況に置かれている筆者@ロンドン在住です。「本場の海外フェスに毎週行けてるんだからいいじゃん!」的なことをQetic編集部に突っ込まれましたが、声を大にして言います。

 

フジロック行きたい症候群で仕事が手につかないっス! 今週は色んなところから流れてくる苗場情報に邪魔されて原稿も遅れ気味っス! 橋が流されて混雑が予想されますとか何かワクワクする状況っス! とにかく世界一特別なフェスティバルなわけですよ、<フジロック>というやつは。

 

というわけで、一人でタイムテーブルを眺めて、エアーフジロック真っ只中なのですが、「日曜夜はスカパラ→アウトキャスト→バッファロードーター→ポーグスまで息継ぎなしだな!」とか「DJみそしるとMCごはんはいつになったら地上に降りてくるの?」とか「苗場何回目?と聞いてきて、自分より暦が長いとデカい顔をするちょっとウザい人たちを今年はどう対処しようか」とか妄想しているうちに、今年の<グラストンベリー>とどれくらいラインナップが重なっているのかが気になり始めて、2つフェスのタイムテーブルと数時間にらめっこ。途中で何度か諦めかけましたが、何とか<グラストンベリー2014>に参加かつ今年の<フジロック>にも参加というアーティストをまとめることに成功しました。<フジロック>のモデルになっている世界最大の音楽フェス<グラストンベリー>を苗場にいながらにして擬似体験?とにかくいつもと一味違ったマイタイムテーブルの作成のお役に立てれば幸いです。

 

意外と少ない?211組中16組!!

Glastonbury3_1

 

当初は30組くらい重なりがあるのでは?と思って初めてみたのですが、最終的にまとめ終えたところ、今年の重なりは16組。1割弱という結果になりましたが、下記に記載したアーティストは今年の<グラストンベリー>の中でも比較的ライブが好評だったアーティストが多いで、是非チェックしてみてはいかがでしょうか?「普通のタイムテーブルの組み方に飽きちゃった!」というようなフジロック通の皆さん、金曜昼から日曜深夜まで、メインステージのトリからチルアウトなDAY DREAMINGまで、擬似グラストンベリー体験@苗場をどうぞ!

 
【Friday】
BLACK KAT BOPPERS         ー12:20〜@木道亭 他
PARQUET COURTS           ー13:55〜@レッドマーキー
WILD BEASTS             ー14:50〜@ホワイトステージ
TEMPLES                ー16:30〜@レッドマーキー
FOSTER THE PEOPLE          ー17:30〜@グリーンステージ
BOMBAY BICYCLE CLUB         ー18:20〜@レッドマーキー
Disclosure               ー20:00〜@ホワイトステージ
JUNGLE                ー23:30〜@レッドマーキー
 
【Saturday】
MIXMASTER MORRIS          ー12:30〜@DAY DREAMING
ST.VINCENT              ー18:20〜@レッドマーキー
YOKO ONO PLASTIC ONO BAND     ー20:30〜@レッドマーキー
Arcade Fire               ー21:30〜@グリーンステージ
Manic Street Preachers         ー22:00〜@ホワイトステージ
NICK MANASSEH            ー02:15〜@CRYSTAL PALACE TENT
 
【Sunday】
KELIS                  ー20:00〜@ホワイトステージ
MR.SCRUFF               ー00:45〜@レッドマーキー
 
 

特別枠!和尚 from 浅草ジンタ with BARBARELLA’S BANG BANG

 

グラストンベリー関連で言うと、昨年日本から参加して現地の観客を多いに湧かせたのが浅草ジンタ。その浅草ジンタのフロントマン和尚がロンドン発のジプシー・パンクバンドBARBARELLA’S BANG BANG(バーバレラス・バン・バン)とコラボして<フジロック>に出演することが決まっている。 (7月25日(金)「木道亭」/「THE PALACE OF WONDER」)

 

さらにこのバーバレラス・バン・バンは、3日連続で様々なステージでのパフォーマンスが予定されており、過去のONDA VAGAやスキニー・リスターと同様に<フジロック>での複数ライブが話題となり日本で人気に火がつく!という「フジロック複数ギグから人気枠」(勝手に命名)の大本命候補なので、こちらも併せてチェックして頂きたい。それでは皆さま今年もよいお年を。

 

Qeticより執筆記事を転載

Tag :

RELATED