港町ブライトンの街全体がフェス会場に!「The Great Escape」

2015-05-31

Great Escape

 

今回ご紹介するのは、5月中旬にイギリス南部の海辺の街、Brighton(ブライトン)で開催されるショーケース型フェス「The Great Escape」(グレートエスケープ)。チケットの取り方から行き方、会場の雰囲気にいたるまでを2014年に参加したTomoyo Ishizaka氏の声を参考にレポートします。

The Great Escapeとは?

Festival Junkieオリジナルレポート動画

ロンドンから電車で1時間程で行ける海辺の街Brighton(ブライトン)で開催されるショーケース型フェス。期間中は街全体が会場となり、教会、パブ、ライブハウスなど30以上の会場でライブを見ることができる。ロンドンからのアクセスも良く、海辺の街でゆったりと良質な新人バンドに出会えるということもあり、近年人気を集めている。

過去の主なラインアップ

Alabama Shakes, Albert Hammond Jr., Chvrches, The Cribs, Drenge, Mystery Jets, Russian Red, Superfood, These New Puritans, Will and the Peopleなど

2015年開催情報

日程: 5月上旬(2015年5月14〜16日)
会場: Brighton, England (街中の30以上の会場)
公式HP: http://greatescapefestival.com/

2015年の主な出演者

Alabama Shakes, The Thurston Moore Band, Dutch Uncles, Ibeyi, Laura Doggett, Lapsley, Slaves, Tei Shi, Django Djangoなど

事前準備(チケット、宿泊、交通機関)

チケット購入

<チケット購入・受け取り方法>

    • 公式HPから購入可能。
    • クレジットカードかPaypal(オンライン)で決済し、郵送で受け取り。

 <チケット購入方法詳細>

【STEP1】チケットの種類を選択

スクリーンショット 2015-04-29 15.44.00

【STEP2】枚数を選択し「Buy Tickets」をクリック

スクリーンショット 2015-04-29 15.33.38

 

【STEP3】Refund Protection(チケット保険)の加入、支払い方法の選択

【STEP4】個人情報、カード情報を入力しBuy Ticketsをクリックし購入完了

スクリーンショット 2015-04-29 15.54.44

<チケットの種類・価格>

    • 3 DAY FESTIVAL PASS(3日間通し券)

£43.45〜59.50(約8,000円〜11,000円)

    • 3 DAY DELEGATE PASS(3日間通し優先入場券)

優先的に入場できるVIPチケット。£125〜200(約23,000円〜36,000円)

 

※ 早期購入で価格が安くなる。別途で手数料が£6.5(約1,200円)がかかる。

 

この他に、SINGLE DAY TICKETS(1日券) / 2 DAY PASSES(2日券)別料金の有料公演等がある。

宿泊予約

キャンプサイトは無いため、Brightonで宿泊するかロンドンからの日帰りになる。開催期間中は早めに予約で埋まってしまうので早めの予約がベター。booking.comairbnbを利用すると便利。

航空券予約

日本からイギリスの航空券は、購入・渡航時期によっても異なるが、往復で16万〜30万円程度。旅行代理店や各航空会社のHPから予約・購入が可能。

電車チケット予約

      • ロンドンのターミナル駅の1つのLondon Victoria(ヴィクトリア)駅からBrighton(ブライトン)のチケットを事前予約すると当日購入よりも費用を抑えられる。
      • イギリスの電車は事前に日時を指定し予約することで値段が安くなる。Railcard(レイルカード)という割引カードを購入すればさらに費用を抑えられる。

 

★予約の方法やRail Card(割引カード)の詳細は電車でフェスに行こう!を参照

会場アクセス(行き方)

tgefestivalmap

空港からBrighton

<電車>

        • Heathrow Airport(ヒースロー空港)から、地下鉄Piccadilly Line(ピカデリーライン)を利用しEarl’s Court(アールズコート)駅まで行く。(約35分)
        • Earl’s CourtでDistrict Line(ディストリクトライン)かCircle Line(サークルライン)に乗り換えてVictoria(ヴィクトリア)駅まで行く。(約10分)
        • Victoria駅から電車Southern Rail(サザンレイル)に乗り換えてBrightonへ。(約1時間30分)

 

<バス>

        • Heathrow Airport(ヒースロー空港)から1時間おきに727、747という路線のバスが出ている。(交通事情にもよるが、約2時間30分)

 

ロンドン市内からBrighton

電車

        • Blackfriars(ブラックフライアーズ)駅からBrightonまで。(約1時間30分)
        • London Bridge(ロンドンブリッジ)駅からBrightonまで。(約1時間30分)
        • Victoria(ヴィクトリア)駅からBrightonまで。(約1時間30分)

 

BrightonからLondonへの電車は23:30頃まで出ているのでロンドンからの日帰りでの参加も可能。

入場・リストバンド引き換え

Steine Gardens(シュタイネ・ガーデンズ)という公園でリストバンドとチケットを交換。(2014年)

The Great Escapeの雰囲気

15249332575_8a6d9c537f_o

客層

        • 10〜30代くらいが中心。地元の幅広い年齢層の方々も参加している。30以上ある会場によって年齢層は異なる。

気温・天候

        • 5月のBrightonの平均最高気温は16℃、最低気温は8℃。
        • 雨が降った場合や夜は冷え込むのでジャケット類が1枚あると快適。

食事

        • 街中のレストランやカフェを利用する人が多い
        • 会場の飲食スペースでもファストフードなどが販売されている。£5〜7(約900〜1,260円)

物販

        • 各会場で各アーティストの出演時間前後に販売。
        • アーティストによっては物販がないこともある。
        • 物販が撤収する前に購入しなければならないので早めの購入がオススメ。
        • 物販以外にも街に多くのレコード屋があり、参加アーティストの音源・グッズが多く展開されている

携帯・wifi

        • 街中での開催のため電波状況は良い。
        • 無料でWifiを提供しているカフェやパブなどを利用することもできる。

その他

        • 小さい会場が多いため、お目当てのライブには早めに会場入りしておかないと、会場に入れないこともあるので要注意!

参加者の声(by Tomoyo Ishizaka)

15248966382_9729907aef_o

参加したフェスの魅力

ブライトンという海沿いのまったりした街そのものが素敵なうえに、3日間を通して街全体が音楽を楽しんでいる雰囲気は、他のフェスにはない魅力です。パブやライブスペース、ホールからホテル、教会、そしてもちろん路上も含め、ありとあらゆる施設でライブが行われるため、街を巡りながら音楽に触れる面白さがあります。一つ一つの会場が小さいため、混雑に困らず移動することができます。アクセスの良さ、飲食やネットなどの滞在環境の良さも最高です。

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

すぐに前売り券が売り切れてしまい、実は当日までGumtree(チケットなどの譲渡サイト)でチケット譲渡を探して譲ってくれるという方々にコンタクトをとっていました。無事に当日券を買えたので安心しましたが、当日券の販売については公式サイトなどでのアナウンスが曖昧なので「行ってみないとわからない」ということがあります。

日本のフェスとの違い

普段は音楽公演に使われないような場所(教会など)もライブスペースになってしまうところが、日本のサーキットイベントと大きな違いだと思いました。もちろんストリートライブもいたるところで行われています。オールナイトでの3日間開催で、現実を忘れて音楽だけを楽しむことができます。

15062650870_2b7cb9b3e4_o

街中のストリートグラフィックも楽しみの一つ

 

Ishizaka氏より最後に一言

若手ミュージシャンのショーケース型フェスティバルということで、肩の力を抜いて、お酒片手に街をぶらぶらしながら聴こえてくる音楽を楽しみ、いいねと思うミュージシャンと出会うにはもってこいのイベントです。イギリスでは日常の中に音楽があるということを体感することができます。周り疲れたら海を眺めるもよし、夜通しパブを歩き回ってもよし、自由にブライトンとThe Great Escapeを楽しんでください!

 

 ***

★映画『さらば青春の光』の舞台にもなった海辺の街、Brightonが音楽に染まる3日間。ゆったりとした時間が流れる街で気楽に音楽を楽しめるフェス「The Great Escape」に参加してみてはいかがでしょうか。2016年度のEarly Bird Ticket(早割チケット)は既に公式HPで発売されています。街並み&フェスの様子はこちらのアルバム(Photo by Ai matsuuRa)からチェック!

 

※記事内のポンド-円換算は、£1を180円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをお勧めします。

 

取材協力: Tomoyo Ishizaka
編集: Ryosuke Suzuki
監修: Festivial Junkie(ST)

Tag : ,

RELATED