オシャレな若者がバルセロナに集う都市型フェス「Primavera Sound」

image1

今回ご紹介するのは、バルセロナにヨーロッパのオシャレな若者が集う都市型フェス「Primavera Sound」。5月のスペインの気候や会場へのアクセスなどの情報を、実際にフェスに参加したYuko Mori氏の声を元に詳細にレポートしていきます。

Primavera Soundとは?

Primavera Sound(プリマベーラ・サウンド)は毎年5月末にスペインのバルセロナで開催される都市型フェス。地下鉄の駅から徒歩5分という利便性の高い立地と豪華なラインナップが特徴。再結成で話題のバンドや大御所アーティストのブッキングに話題が集まる一方、注目の新人も多く抜擢しショーケース的な役割も果たす。

過去ヘッドライナー

2014:Arcade Fire, The National, Nine Inch Nails

2013:Blur, My Bloody Valentine, Phonenix

2012:Franz Ferdinand, The Cure, Björk

2011:Pulp,  The Flaming Lips,  The National

2010:Pixies, Pavement, Pet Shop Boys

開催情報(2015年)

日程: 5月下旬(2015年:5月28日〜30日)
会場: Parc del Fòrum, Barcelona, Spain
公式HP: http://www.primaverasound.com/

2015年の主な出演者

The Strokes, The Black Keys, Ride, The Replacements, alt-J, Spiritualized, Belle & Sebastian, Underworld, Interpol, Patti Smith, James Blakeなど

事前準備(チケット・宿泊・交通機関)

チケット購入

購入時期によってチケットの価格が変動する。早く購入することで安くチケットを購入することができる。

<チケットの購入方法>

image1

【STEP 1】 公式サイトのTicketsページへアクセス

【STEP 2】 英語表記対応の「SEE TICKETS」を選択

【STEP 3】 「 I have read and agree to terms and condition」をクリック

【STEP 4】 Quantity(枚数)を選択しBuy Ticketsをクリック(3枚まで購入可)

【STEP 5】 クレジットカード決済かPaypal(オンライン決済サービス)決済を選択

【STEP 6】 クレジットカード番号などを入力しBuy Ticketsをクリックで購入完了

 

★あわせて海外フェス・ライブのチケット購入方法も参照してください。

<チケットの受け取り方>

チケットの形式はEチケットのみとなっており、郵送での受け取りはできない。Eチケットを事前にプリントして会場に持参しリストバンド、カードと交換。

<購入時期による価格一覧>

prima

※1ユーロ=130円として換算

宿泊予約

キャンプサイトがないため、宿泊はホテルなどに宿泊することになる。バルセロナは観光都市なので宿泊施設は多い。Airbnb(宿泊施設提供サービス)を利用すると費用を抑えることができる。

航空券予約

日本からはバルセロナへの直行便は就航されていないので、ヨーロッパ、中東などの第3国を経由してバルセロナへ。費用は往復で16万〜30万円程度で利用航空会社、予約時期により費用は異なる。

会場アクセス(行き方)

バルセロナ空港から会場へ

    • バルセロナ空港からは、地下鉄・トラムを利用して市内中心部へ。
    • 最寄駅はMetro(地下鉄)Line4のEl Maresme-Fòrum Station。
    • Rambla Prim出口から会場 (Parc del Fòrum)までは地下鉄駅から150m。

<開催期間中の地下鉄運行時間>

5月28日 (木) 午前5時〜翌午前12時
5月29日 (金) 午前5時〜翌午前2時
5月30日 (土) 終日運行

入場・リストバンド引き換え

    • Eチケットを「リストバンド」と「カード」に引き換え。
    • 再入場時に「リストバンド」と「カード」の両方の提示も必要、紛失に注意。
    • 飲食物の持込は厳しく制限されている。

 

※ 「カード」とはFestival Access Cardのことで再入場時に提示が必要。

Primavera Soundの雰囲気

image4

客層

    • 20~30代の若者中心で、スペイン以外からの来場者も多い。

気温・天候

    • 5月下旬のバルセロナは最高気温25℃前後、最低気温15℃前後。
    • 昼間は日差しが強く夏の暑さだが、夜は冷えるので羽織るものが1枚あると快適。
    • フェスの開始時間が午後5時からなので、寒さ対策が必要。
    • 会場近くにH&Mなどのファストファッションが出店している大型ショッピングモールがあり、衣類の買い足しは可能。
    • 地面のほとんどはコンクリートで舗装されているので雨が降っても安心。

食事

    • 様々な種類の飲食店がある。スペイン料理、アジア料理、ハンバーガーなど。

物販

    • 物販は充実しており、フェスのグッズはデザイン性が高いものが多く人気。

携帯・wi-fi

    • 携帯の電波は問題なし。
    • Free WiFiは飲食エリアで提供されているが、ネットワークが弱く、使い物にならない。(2013年時点)

ゴミ事情

    • 他の国で開催されるフェスに比べてゴミが多い。
    • メインステージの前はプラスチックコップのゴミで埋め尽くされていた。

トイレ

    • 数は十分にあるが清潔度は高くない。

参加者の声(by Yuko Mori)

image5

参加したフェスの魅力

<豪華なライナップ>

最大の魅力は何よりそのラインナップの豪華さだと言えます。伝説的バンドの再結成ライブや70s・80sからの大御所など、音楽オタクを十分に満足させるラインナップとなっています。あわせてその年に注目の新人バンドをしっかりと押さえており、UKとUSのバランスも良いです。

<スペイン観光も楽しめる!>

バルセロナという観光都市で行われるので、フェス以外の時間が充実するのも魅力です。サグラダ・ファミリア、グエル公園、美術館巡りなどの観光や、新鮮なシーフードを使ったスペイン料理が楽しめます!

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

今まで参加したフェスの中ではドラッグの使用が最も顕著でした。オーバードースで倒れる人が続出しており、慣れていない日本人からすると少し衝撃的かもしれません。ダメ、絶対。

日本のフェスとの違い

<オシャレな観客>

プリマベーラのお客さんはオシャレ度が高い!ヨーロッパ中のヒップスターが集合しているんではないかと思えるくらいです。都市型フェスということで、パーティに行く感覚で参加している人が多いようです。(夜は寒くて凍えるので、あの薄着っぷりは日本人には真似できませんが・・・)また、1組目のスタートが夕方からであり、ヘッドライナーは1~2時台以降にプレイしますので、体力温存にご注意。

Mori氏より最後に一言

キャンプの必要もなく交通アクセスも大変良いので、海外フェスの中ではハードルが低い方であると言えます。期間中は街中でのギグやアフターパーティも多数開催されているので、音楽好きには堪らない1週間です。

 

  ***

★今年も大御所から期待の新人まで揃えた豪華ラインナップで開催される「Primavera Sound」。ガウディのサグラダ・ファミリアを始め、数多くの観光名所があるバルセロナで音楽と観光を同時に満喫してみてはいかがでしょうか?

 

※記事内のユーロ-円換算は、1ユーロを130円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをお勧めします。


取材協力: Yuko Mori
編集: Ryosuke Suzuki
監修: Festivial Junkie(neko)

RELATED

LATEST