イギリスで生まれた良質なダンスミュージックフェス「Creamfields」

15589205778_f2fa31387b_o

今回ご紹介するのは、フェスシーズン終盤の8月下旬にイギリスは Cheshire(チェシャー)で開催されるEDMフェス「Creamfields(クリームフィールズ)」。チケットの取り方から行き方、会場の雰囲気に至るまで詳細にレポートします。

Creamfields とは


8月末のバンクホリデーの週末に開催されるEDMフェスティバル。開催地CheshireはLiverpool(リバプール)とManchester(マンチェスター)のほぼ中間に位置する。イギリス発祥のフェスだが世界進出に成功。イギリス発のダンスミュージックフェスとしてヨーロッパと南米を中心に世界中で開催されている。

過去の主なラインナップ

2012:

Avicii, David Guetta, Above & Beyond, Steve Angello, Skrillex, Deadmau5, Tiesto, Paul van Dyk, Richie Hawtinなど

2013:

The Prodigy, Avicii, Above & Beyond, Steve Angello, Annie Mac, Skream, David Guetta, Tiesto, Paul van Dykなど

2014:

Avicii, Afrojack, Martin Garrix, Steve Aoki, Hardwell, Calvin Harris, Nervo, Fatboy Slim, Steve Angelloなど

開催情報

日程: 2015年8月28〜30日
会場: Creamfields, Daresbury(デアズベリー), Cheshere.
公式HP: https://www.creamfields.com/

2015年の主なラインナップ

Avicii, Martin Garrix, The Chemical Brothers, Knife Party, Alesso, Steve Angello, Tiesto, Hardwell, Axwell & Ingrosso, Fatboy Slimなど

事前準備

チケット購入

<チケットの購入・受け取り方法>

    • 公式サイトから購入(Ticketmaster)。
    • クレジットかPaypalで決済し、郵送でうけとり。
    • シャトルバスのチケットは当日でも購入可能。

 

★チケット購入に関しては「フェス・ライブのチケットの購入方法」もチェック

<チケットの種類・価格>

    • 2 Day Camping(2日チケット+キャンプサイト) £175から(約33,000円)
    • 3 Day Camping(3日チケット+キャンプサイト)£200から(約38,000円)
    • 2 Day Non Camping(3日チケット) £175から(約33,000円)
    • 1 Day Standard(1日チケット) £85から(約16,000円)
    • 1 day Hospitality(VIPチケット) £130から(約25,000円)優先入場、専用ラウンジ、軽食などのサービスが受けられる。

 

★各チケットの詳細に関しては、公式HPを参照してください

宿泊予約

上記のようにキャンプ付きチケットが販売されているが、Liverpoolでの宿泊も可能。宿泊施設の予約にはbooking.comairbnbを利用すると便利。

航空券予約

日本からイギリスの航空券は、購入・渡航時期によっても異なるが、往復で16万〜30万円程度。旅行代理店や各航空会社のHPから予約・購入が可能。

電車チケット予約

イギリス国内の電車は事前に日時を指定することで価格が安くなる。Railcard(レイルカード)という割引カードを購入すれば、さらに費用を抑えられる。
 

★イギリスの電車移動に関しては、「電車でフェスに行こう」を参照

会場アクセス(行き方)

Heathrow Airport(ヒースロー空港)からLiverpool

<電車>

    • 各Heathrow Terminal(ヒースロー・ターミナル)駅から地下鉄Piccadilly Line(ピカデリー・ライン)でGreen Park(グリーン・パーク)駅へ。(約50分)
    • Green Park駅から地下鉄Victoria Line(ヴィクトリア・ライン)でEuston(ユーストン)駅へ。(約5分)
    • Euston駅から電車でLiverpool Lime Street(リバプール・ライム・ストリート)駅まで。(2時間30分)

<バス>

    • 各Heathrow Terminal駅から地下鉄Piccadilly Lineを利用してHammersmith(ハマースミス)駅へ。(約30分)
    • Hammersmith駅からDistrict Line(ディストリクト・ライン)を利用してVictoria(ヴィクトリア)駅へ。(約15分)
    • Victoria駅からVictoria Coach Station(ヴィクトリア・コーチ・ステーション)まで歩く。(約5分)
    • National Express(ナショナル・エクスプレス)は1〜2時間に1本、Megabus(メガバス)は1日3本程度が運行。

Liverpoolから会場

    • Liverpool Lime Street駅からCreamfields専用のシャトルバスで会場まで。(約20分)
    • チケットはその場で購入可能。
    • Manchester経由のルートは、シャトルバスの事前予約が必須なので不便。

 

公式HPのアクセス情報を一度チェックすることをおすすめします

入場&リストバンド引き換え

    • ポーチやケースの中まで細かく見られる。
    • 氏はスーパーでお菓子を買っていったところ全部没収された。

Creamfieldsの雰囲気

15774619835_99d5ce431e_o

客層

    • 参加者は20代が中心でグループでの参加が多い。

食事・物販

    • 食べ物は値段が高いにもかかわらず、味はいまいち。
    • レインブーツやフェイスペイントもあるが値段が高い。

携帯・wi-fi

    • Wifiは設置されていない。

トイレ

    • 数は充実しているので、並ぶ列は短い。
    • トイレの中は汚い。
    • トイレットペーパーを持参すると便利。

ゴミ事情

    • 会場内にゴミ箱が多くあるので、ゴミは少ない。
    • 地面がドロドロなので、ゴミの有無に関係なく汚い。

気温・天候

    • 最高気温20℃前後、最低気温15℃前後。
    • 8月のフェスだが夜は息が白くなるくらい寒いので対策は必須。
    • クロークは£10(約1,900円)で二つまで預けられた。(2014年)

参加した感想(by Saki Inomata)

15588809139_dff9502e2b_o (1)

参加したフェスの魅力

<豪華なラインアップにオシャレな客層>

とにかく会場が広い!有名なDJがたくさん出ているので盛り上がりがハンパない!見たいアーティストが多すぎて困るくらい!
客層は若者が多い印象だったが、ヨーロッパ各地から美男美女が来ていてイケてる人が多かった。女性のファッションはストリートやフェイスペイント、頭にお花つけるアクセサリーなどが多く、日本のフェスと同じような気がしていた。メンズはレトロなちょっとださかっこいい服装の人を多く見かけて、イケてるなと思った。地面は常にぬかるんでいて、9割の人がレインブーツ着用だったが、ドロなんて気にせず開き直って楽しめた。

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

<キャンプサイト付きのチケットがオススメ>

2日目だけ朝の4時までライブが続くが、キャンプのチケットを買っていなかったため、ロンドンに帰るバスの時間までひたすら時間をつぶすことになった。想像以上に体力的に厳しいので、中日の参加を考えている人はキャンプつきチケットの購入がおすすめ。

Saki 氏より最後に一言

絶叫マシーンがかなり本格的なので、お酒飲んだ後には絶対に乗らないように。でもサイケなどの音楽が流れているので、夜に乗ると雰囲気も変わってちょっと楽しいかも♪
 

***

人気DJが並ぶ豪華なラインナップ、ド派手に演出された会場、世界中から集まるおしゃれなParty People。EDMフェス独特のあの圧倒的非日常をフェスシーズンの終盤に一度体感してみてはいかがでしょうか。

 

★ラインナップ、地図、ムービー、会場でのスナップなどがまとまったFestival Junkie特設「Creamfields」ページは以下のリンクから
https://www.festival-junkie.jp/creamfields

 

※記事内のポンド-円換算は、£1を190円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをお勧めします。

取材協力: Saki Inomata

編集: Shinji Kitano

監修: Festival Junkie(ST)

RELATED

LATEST