奇跡の共演や前代未聞のハプニングまで!グラストンベリー’15レポート 

column150722_shotarotsuda_3-780x439行ってきたぞ、グラストンベリー!これまでに何度も紹介した世界最大の音楽フェスティバル「グラストンベリー・フェスティバル2015」。フジロックのモデルにもなったと言われている世界最大級の音楽の祭典ですが、名前はよく聞くものの、実際の様子はあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。今回はその壮大な世界観を記録した写真&テキストでグラストンベリーの様子をお届けします!

晴天に恵まれた夢のような3日間

column150722_shotarotsuda_2-780x520

6月末にイギリスにて行われた「グラストンベリー・フェスティバル2015」。イギリスらしい“雨”と、農場という立地ゆえの“泥”が、ある種の「名物」になっているグラストンベリーだが、2015年は金曜に一時強い雨が降った程度で、例年にないほど快適な環境の中で、夢のような週末を過ごすことができた。Festival Junkieチームも前夜祭(木曜)から会場入りしていたが、楽しみのひとつだったMuddy Man(あえて泥にダイブして楽しむ強者)は、今年ほとんど見かけられなかった。(昨年は会場内にたくさんいました)というわけで、まずはそんな天候に恵まれたグラストンベリーで話題になったトピックを紹介していきたい。

サプライズ、奇跡の共演、前代未聞のハプニングまで

グラストンベリーといえば、世界中から最高峰のアーティストが集まることもあり、あっと驚く共演や大物のサプライズ登場が楽しみのひとつ。もちろん今年もたくさんあったサプライズや奇跡の共演が会場。さらに前代未聞のハプニングまで。その一部が動画で公開されているので紹介していきたい。
 
■The Libertines(Glastonbury 2015)

今年のグラストンベリー最大のトピックといえば、やはりザ・リバティーンズの緊急出演。フー・ファイターズのキャンセルでフローレンス・アンド・ザ・マシーン がヘッドライナーに昇格し、急遽空き時間になっていたところにまさかのザ・リバティーンズが登場。8月末に開催される「レディング&リーズ・フェスティバル」の参加が決まっている中(「フジロック=グラストンベリー」、「サマーソニック=レディング」というと分かりやすい)、当日の朝からSNSなどで噂が流れ始めたが、演奏が始まるまで公式のアナウンスなどは一切なし。それにも関わらず、噂を信じたオーディエンスが次々と集まり、演奏前から超満員ながら異様な雰囲気が漂っていたメインステージ。そしてまだまだ明るい20時過ぎに4人がステージに登場した瞬間の「本当に出ちゃった!」という驚きと「噂を信じてメインステージに戻って来てよかった」という安堵の入り交じった大歓声は間違いなく今年のグラストンベリーのハイライト。1週間前に急遽キャンセルが決まったフー・ファイターズの穴を自国のバンドの大抜擢で乗り切ってしまうあたりが、グラストンベリー、そしてイギリスの底力。
 
■Mark Ronson – Uptown Funk(Glastonbury 2015)

2014年を制した楽曲がファレル・ウィリアムスの“Happy”なら、2015年を制したのはマーク・ロンソンの“Uptown Funk”といってもいいだろう。事前には、原曲のボーカルのブルーノ・マーズの登場も噂されていたが、蓋をあけてみれば、メアリー・J. ブライジとジョージ・クリントンが合わせて登場するという、まさにグラストンベリーならではの夢の共演が実現。こんな超贅沢な共演が楽しめてしまうのが、グラストンベリーというフェスの凄さなのだが、実はこのステージがザ・リバティーンズの演奏のほぼ真裏。贅沢なのか、主催者の意地悪なのか、もはやよく分からないことが起こってしまうのもご愛嬌。グラストンベリーの会場では、常にアーティストの重なりに頭を抱えてしまいますが、「The Libertines VS Mark Ronson」は、歴代の悩み(嫌がらせ?)の中でもトップクラス。こんな贅沢な嫌がらせを受けられるのもグラストだからこそ!

このままのペースで行くと、永遠にレポートが終わらなそうなので、話題になったトピックを残り3つをご紹介。「ダライラマ登場で会場がまさにひとつになったパティ・スミスのステージでの大合唱」、そして「ステージに観客が乱入するというまさかのハプニングが起こったカニエ・ウエストのステージ」(自分が乱入するときはあんなに調子がいいのに)を続けてお楽しみあれ!
 
■Dalai Lama – 80th birthday speech at Glastonbury 2015

 

壮大な<グラストンベリー>を写真で振り返る

column150722_shotarotsuda_5-780x439

グラスト名物「Above the Park」

 

column150722_shotarotsuda_6-780x520

ファミリー層が多いのもグラストの特徴

 
 column150722_shotarotsuda_7-780x439

ヘッドライナーのザ・フーが始まる21時過ぎでこの明るさ

 

column150722_shotarotsuda_8-780x439

ステージ前での旗と発煙筒はグラストらしい光景

 

column150722_shotarotsuda_9-780x439

テントで埋め尽くされた広大すぎる会場を丘から一望

 

column150722_shotarotsuda_10-780x439

フジロックを感じさせる風景もたくさん

 

column150722_shotarotsuda_11-780x519

そんな中、日本人グループを発見し、記念撮影!

 

column150722_shotarotsuda_12-780x439

最終日、すべての音が止まり朝日を待つ人々

 

column150722_shotarotsuda_13-780x520

とにかくすべてがハッピーなグラストンベリー

 

column150722_shotarotsuda_14-780x439

※ただし終演後のゴミを除く(月曜早朝のメインステージ)

 
 
★ラインナップ、地図、ムービー、写真などがまとまったFestival Junkie特設「グラストンベリー」ページは以下のリンクから
https://www.festival-junkie.jp/glastonbury_festival

Text by Shotaro Tsuda

Photo by Ai matsuuRa

RELATED

LATEST