Readingの姉妹フェス「Leeds Festival」

15150480743_037056fda2_o

今回ご紹介するのは、8月末に開催されるReading Festival(レディング・フェスティバル)の姉妹フェス「Leeds Festival」(リーズ・フェスティバル)。チケットの取り方から行き方、会場の雰囲気にいたるまでをレポートします。

Leeds Festivalとは?

姉妹フェスであるReading Festival(レディング・フェスティバル)の会場の収容人数が限界に達し、1999年に出演アーティストを入れ替える方式でLeeds Festivalが初めて開催された。翌年以降もReading & Leeds Festivalとして現在まで開催されている。この開催方式を参考にしたのが日本のSUMMER SONIC(サマーソニック)通称サマソニである。

過去の主な出演者

Queens of the Stone Age, Paramore, Arctic Monkeys, Blink182, Green Day, Eminem, Kasabian, The Cure, Foo Fighters, My Chemical Romance, Pulp, Muse, Arcade Fire, Kings of Leon, Radiohead, The Killers, Metallicaなど

2015年開催情報

日程: 2015年8月28~30日
会場: Bramham Park, Leeds, England
公式HP: http://www.leedsfestival.com/

2015年の主な出演者

Mumford & Sons, Metallica, The Libertines, alt-J, Bastille, The Cribsなど

事前準備(チケット、宿泊、交通機関)

P1080880

チケット購入

<チケットの購入・受け取り方法>

    • 公式HPのチケットページからリンクされているSee TicketsやTicketmasterを通して購入することができる。

 

★詳しくは「実際にレディングのチケット買ってみた!」を参照

<チケットの種類・価格>

    • Weekend Camping Tickets £213(約40,000円)
    • Day Tickets 各日 £66.50(約12,000円)
    • 他にロッカー利用券(約3,000円)、駐車券(約1,900円)などがある。

宿泊予約

    • 会場内のキャンプサイトにテントを張って宿泊することが可能。
    • Leeds市内から通うことも可能だがシャトルバスの時間に注意が必要。

航空券予約

日本からイギリスの航空券は、購入・渡航時期によっても異なるが、往復で16万〜30万円程度。旅行代理店や各航空会社のHPから日本語で予約・購入が可能。

電車チケット予約

    • イギリスの電車は事前に日時を指定し予約することで値段が安くなる。
    • 割引を受けられるRailcard(レイルカード)を購入すれば費用を抑えられる。
    • ロンドンのKings Cross駅からLeeds駅の電車を事前予約すると良い。

 

★予約の方法やRail Card(割引カード)の詳細は「電車でフェスに行こう!」を参照

会場アクセス(行き方)

Heathrow AirportからLeeds

    • Heathrow Airport(ヒースロー空港)から地下鉄Piccadilly Line(ピカデリーライン)でKings Cross(キングスクロス)駅まで。(約1時間)
    • Kings Cross駅からLeeds駅まで電車で1本。(約2時間30分)

Leeds駅から会場

    • Leeds駅近くのSovereign Street(ソブリン・ストリート)かLeeds Coach Station(リーズ・コーチステーション)から会場まで。(約30分)
    • 当日の購入が可能。Cheap Day Return(日帰り往復) £7(約1,300円)/ Open Return(制限なし往復) £9(約1,700円)

 

★シャトルバスのタイムテーブルは公式HPで確認

入場・リストバンド引き換え

    • 会場の入り口でチケットを提示し、リストバンドをつけてもらう。
    • 金属製の留め金でしっかりと留められる。

Leeds Festivalの雰囲気

15584061789_44ced8da8b_o

客層

    • イギリス北部の幅広い年齢層が参加している。

気温・気候

    • 昼間やライブ中は問題ないが、終演後は肌寒く感じるので上着が1枚必要。
    • 平均で20℃程度。最低気温は15℃程度なので、8月とはいえ寒さ対策は必要。
    • 突然の短い雨が降ることも多いので合わせて雨対策も必要になる。

食事・物販

    • 食事はハンバーガーやヌードルが£7〜10(約1,300〜1,900円 )
    • 食事の美味しさはあまり期待できない。
    • 物販は非常に充実しており、公式のTシャツは複数種類ある。時間帯にもよるが並ばずに購入できる。

携帯・wifi

    • 多くの人が集まるため電波状況は良くない。

A WAY OF LEEDS FEST 028

Leeds Festivalの魅力

Readingと比べると日本から行くには少し遠いですが、イギリス北部のフレンドリーな雰囲気と北部出身のアーティストの気合の入ったライブがLeeds Festivalの魅力です。

参加するにあたっての注意点(困ったことなど)

メインステージで風向きによってはトイレの臭いがしてくることがあった。8月の終わりのイギリスは日が暮れるとかなり寒く感じた。ライブ終了後に汗が冷えて寒かったので、物販のパーカーを購入した。

日本のフェスとの違い

Readingにも共通して言えることだが、ラインナップが豪華。イギリスでは老舗のフェスなので長い歴史を感じることができる。

 

 

 ***

フレンドリーな北部の観客が集う「Leeds Festival」は、せっかくイギリスに行くなら色々な街に行ってみたいという旅行好きな人にオススメです。Readingと合わせて検討してみてはいかがでしょうか。

 

★ReadingとLeedsの比較記事「サマソニのモデルになったReading・Leedsってどっちがオススメ?」もチェック!
★ラインナップ、地図、ムービー、会場でのスナップなどがまとまったFestival Junkie特設「Leeds Festival」ページは以下のリンクから!

https://www.festival-junkie.jp/leeds_festival

 

※記事内のポンド-円換算は、£1を190円として計算しています。また海外フェスは細かい点が変更になることも多いので、その年の公式情報をチェックして参加することをおすすめします。

 

 

 

Text; Ryosuke Suzuki

Edit: Shotaro Tsuda

 

 

RELATED

LATEST